KAWASAKI JAZZについて

ABOUT

かわさきジャズ2020

「かわさきジャズ」は、川崎市を大きなステージととらえ、まちや土地に息づく記憶に寄り添いながら、ジャズを通じて様々な出会いと交流の機会を創出する「川崎らしさ」にこだわったジャズ・フェスティバルとして2015年にスタートしました。

2020開催コンセプト:ジャズは橋を架ける

●『かわさきジャズ』は、川崎の特徴である「多様性」と「コラボレーション」を活かし、川崎らしさを追求する音楽フェスティバルとして2015年から始まり、今年6回目を迎えます。「ジャズは橋を架ける」を合言葉に、市内でのホール公演とともに、市民が活躍するフリーライブなどの地域イベントを約2か月という長期間にわたり広域で開催する、都市型フェスティバルとして他では類を見ない規模で展開しています。

●『かわさきジャズ』は、国内外で活躍するアーティストによる魅力的なステージを連日開催するだけでなく、市内各所で開催されるジャズライブや地元企業、近隣自治体等ともコラボするなど、川崎市内全域がフェスティバル会場となります。

●音楽公演については、さらに「川崎らしい」ジャズフェスを目指し、このような情勢だからこそ実現可能な国内一流アーティストを結集します。ストレートなジャズを中心に、フュージョン、カントリー、ソウルなど幅広いラインナップを揃え、日本ジャズ界の底力を広くアピールします。

「かわさきジャズ」 がめざすこと

 

◎川崎というまちに染み込んだ、多様な文化や人々の記憶に“橋を架ける”

様々なジャンルを源流とする、新しくて懐かしい“ジャズ”は、『音楽のまち・かわさき』にふさわしい音楽です。川崎という“街”に染み込んだ多様な文化や人々の記憶に“橋”を架ける音楽フェス「かわさきジャズ」は、市内外の人や地域、そして未来へとつながる架け橋となることを目指して、今年も音楽を通した様々な出会いと交流、まちの賑わいの機会を創出します。

◎3つのミッション: MUSIC × PEOPLE × FUTURE

『音楽のまち・かわさき』で、音楽によるまちづくりを推進するとともに、川崎ならではの音楽文化を発信するジャズフェスティバルとして、3つのミッション「音楽公演」、「地域連携」、「人材育成」に取り組み、ジャズの初心者から達人まで、また様々な年代の方に楽しんでいただけるフェスティバルを目指します。

  • MUSIC BRIDGE→音楽公演 ―川崎ならではの音楽体験の提供―

    ●スーパーセッション
    ジャンル・世代を超え国内トップレベルのミュージシャンが終結。川崎市各所で多彩なプログラムを展開します。

  • PEOPLE BRIDGE→地域連携 ―地域の魅力を発掘し、つなぎ・発信する―

    ●プレイヤーズフェスタ/公募型ライブ
    地元プレイヤーの活動を促進し、川崎市全域に音楽のまちづくりの輪を広げるプロジェクト

    ●企業連携プログラム
    市内の企業との連携事業

    ●連携コンサート
    市内各所で開催されるコンサートとの連携

  • FUTURE BRIDGE→人材育成 ―音楽をとおして川崎の未来をつくる―

    ●ジャズアカデミー
    一般愛好家向けのレクチャー企画

    ●ミライ研究室
    未来(ミライ)に輝く人材を育成&サポートする企画

川崎市内の“街”そのものを舞台に
多彩なステージを開催予定!

開催概要

フェスティバル
タイトル
かわさきジャズ2020
会 期 2020年9月18日(金)~11月15日(日)
会 場 ミューザ川崎シンフォニーホール、ラゾーナ川崎プラザソル、クラブチッタ、昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ、ほか川崎市内各所
主 催 かわさきジャズ実行委員会、川崎市
共 催 昭和音楽大学、株式会社チッタエンタテインメント、公益財団法人川崎市文化財団、ミューザ川崎シンフォニーホール
後 援 川崎商工会議所、一般社団法人川崎市観光協会、公益財団法人川崎市国際交流協会、「音楽のまち・かわさき」推進協議会、NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり
協 力 洗足学園音楽大学、ビルボードジャパン、神奈川県川崎競馬組合、一般社団法人カワサキノサ キ、株式会社エリアブレイン、NPO法人カワサキミュージックキャスト、川崎セルビアンナ イト、川崎ルフロン、カルッツかわさき
協 賛 味の素株式会社、アズビル株式会社、神奈川トヨタ自動車株式会社、神奈川臨海鉄道株式会社、川崎アゼリア株式会社、川崎競輪場、公益社団川崎港振興協会、公益社団法人川崎市医師会、一般社団法人川崎市観光協会、公益財団法人川崎市産業振興財団、川崎市信用保証協会、川崎商工会議所、川崎信用金庫、川崎臨港倉庫埠頭株式会社、カワスイ 川崎水族館、京浜急行電鉄株式会社、こくみん共済coop<全労済>、JAセレサ川崎、JFEエンジニアリング゙株式会社、JFEスチール株式会社、新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアム、中央労働金庫、日本電気株式会社、ノクティプラザテナント会、富士通株式会社
助 成 令和2年度 文化庁文化芸術創造拠点形成事業

Three Missions: MUSIC×PEOPLE×FUTURE

“Kawasaki Jazz” has set three missions shown below, and aims to implement diverse collaboration through festivals.

  • MUSIC → Music Performance― Offering Opportunities to Experience Music That Are Unique to Kawasaki ―

    Live music performances by top musicians from inside and outside of Japan will be held at the venue in Kawasaki City.Also, the performances that stay close to the memory of the city of Kawasaki and takes advantage of the characteristics of the area (site specific stage), the collaboration works to take advantage of the diversity of the city, and the music performances that treasure encounters with others and extemporaneity (improvisation) will be presented.

  • PEOPLE →Regional Exchange/Utilization of Regional Resources―Programs to Take Advantage of Regional Resources―

    Free live performances by a wide variety of local musicians will be given in multiple places within the city. No need to visit concert halls and live music clubs. We create the space for people in our seven wards to casually experience music and interact through music in order to make this festival into a city-wide festivity. Furthermore, events in collaboration with local companies will be planned as well.

  • FUTURE →Development of People― Supporting Various People in Kawasaki Who Engage in Music ―

    Programs to support people who send out music from Kawasaki and engage in music in Kawasaki, in an effort to develop people to liven up the city of Kawasaki through music will be planned for this festival.